東海大学駅伝ファン~湘南の暴れん坊

東海大学陸上部中長距離ブロックOBによる応援サイト

2019年大会

結果速報:2019年第103回日本陸上競技選手権大会:男子800m

更新日:

Sponsored Link

結果速報:2019年第103回日本陸上競技選手権大会:男子800m

2019 07 06 02h17 38 212x300 - 結果速報:2019年第103回日本陸上競技選手権大会:男子800m

病気なので仕方ありませんが、山縣選手の欠場が痛すぎますね・・・

 

大会概要

第 103 回 日本陸上競技選手権大会要項
兼 ドーハ 2019 世界陸上競技選手権大会 日本代表選手選考競技会

1.主 催 日本陸上競技連盟
2.共 催 福岡県、福岡市
3.後 援 読売新聞社、福岡県教育委員会、福岡市教育委員会
4.主 管 福岡陸上競技協会
5.特別 協賛 山崎製パン株式会社
6.協 賛 アシックスジャパン株式会社、大塚製薬株式会社、日本航空株式会社、株式会社ニシ・スポーツ、青山商事株式会社、
デンカ株式会社、丸大食品株式会社、久光製薬株式会社、株式会社クリエイト、アース製薬株式会社
7.協 力 一般財団法人上月財団、西日本新聞社
8.期 日 2019年6月27日(木)~6月30日(日)
9.場 所 福岡市博多の森陸上競技場

男子800m

男子800m予選 3組2着+2
  • 世界記録(WR)・1:40.91・D. L. RUDISHA(KEN・ケニア)・2012
  • アジア記録(AR)・1:42.79・Y. S KAMEL(BRN・バーレーン)・2008
  • 日本記録(NR)・1:45.75・川元奨(長野・日本大)・2014
  • U20日本記録(JR)・1:46.89・川元奨(長野・日本大)・2012
  • 大会記録(CR)・1:46.21・J. L. BARBOSA(BRA・ブラジル)・1993

予選1組

順位 名前 都道府県 所属 記録 コメント
1 西久保 達也 埼 玉 早稲田大 1:49.17 Q
2 梅谷 健太 東 京 サンベルクス 1:49.28 Q
3 薄田 健太郎 神奈川 筑波大 1:50.03  
4 鹿居 二郎 愛 知 亜細亜大 1:50.57  
5 濱松 海斗 愛 媛 広島経済大 1:50.70  
6 三木 秀斗 大 阪 近畿大 1:50.72  
7 有馬 龍 神奈川 日本体育大 1:57.35  
  鳥居 風樹 愛 知 中央大   DNS
  村島 匠 福 井 福井県スポ協   DNS
  • 400m通過:54秒:有馬龍(日本体育大学)

レース詳細

有馬龍(日本体育大学)を先頭に400mを54秒で通過。

梅谷健太(サンベルクス)が500m付近で先頭に。

600m通過は西久保達也(早稲田大学・)梅谷健太(サンベルクス)・鹿井二郎(亜細亜大学)の順で通過。

そのまま西久保達也(早稲田大学・)梅谷健太(サンベルクス)の順でゴール。ゴール直前で薄田健太郎(筑波大学)が鹿井二郎(亜細亜大学)を抜いて3位でゴール。

1着の西久保達也(早稲田大学・)2着の梅谷健太(サンベルクス)が決勝進出

 

予選2組

順位 名前 都道府県 所属 記録 コメント
1 クレイアーロン 竜波 神奈川 相洋高 1:47.54 Q
2 松本 純弥 神奈川 法政大 1:47.80 PB
Q
3 市野 泰地 岐 阜 ROBLE 1:48.01 PB
q
4 花村 拓人 大 阪 関西学院大 1:48.49 q
5 齋藤 未藍 神奈川 青山学院大 1:49.85  
6 三武 潤 東 京 TSP太陽 1:50.93  
7 一ノ宮 健郎 愛 媛 関西学院大 1:51.11  
8 山夲 悠矢 大 分 大分大 1:51.44  
  • 400m通過:54秒:クレイアーロン竜波(相洋高校)

レース詳細

クレイアーロン竜波(相洋高校)を先頭に400mを54秒で通過。

梅谷健太(サンベルクス)が500m付近で先頭に。

600m通過はクレイアーロン竜波(相洋高校)・松本純弥(法政大学)・市野泰地(ROBLE)の順で通過。

そのままクレイアーロン竜波(相洋高校)・松本純弥(法政大学)・市野泰地(ROBLE)の順でゴール。

1着のクレイアーロン竜波(相洋高校)・2着の松本純弥(法政大学)が決勝進出。

そしてタイムによる+2で3着の市野泰地(ROBLE)・4着の花村拓人(関西学院大学)が決勝進出。

 

予選3組

順位 名前 都道府県 所属 記録 コメント
1 川元 奨 静 岡 スズキ浜松AC 1:49.25 Q
2 瀬戸口 大地 熊 本 山梨学院大 1:49.61 Q
3 新安 直人 千 葉 富士通 1:49.95  
4 坂本 陸 埼 玉 東洋大 1:50.97  
5 入江 亮輔 埼 玉 日本大 1:51.06  
6 黒木 卓真 兵 庫 近畿大 1:51.55  
7 林 貴裕 福 井 順天堂大 1:52.59  
8 登坂 健志 群 馬 群大TF荒牧 1:52.75  
  • 400m通過:56秒:川元奨(スズキ浜松AC)

レース詳細

川元奨(スズキ浜松AC)・坂本陸(東洋大学)を先頭に400mを56秒で通過。

600m通過は川元奨(スズキ浜松AC)・坂本陸(東洋大学)・瀬戸口大地(山梨学院大学)の順で通過。

700m通過は川元奨(スズキ浜松AC)・瀬戸口大地(山梨学院大学)・新安直人(富士通)の順。川元奨(スズキ浜松AC)が独走態勢になり、瀬戸口大地(山梨学院大学)・新安直人(富士通)の2位争いとなるが瀬戸口大地(山梨学院大学)が逃げ切り2着に入った。

1着の川元奨(スズキ浜松AC)・2着の瀬戸口大地(山梨学院大学)が決勝進出

 

決勝

2019 07 06 10h53 10 300x222 - 結果速報:2019年第103回日本陸上競技選手権大会:男子800m

順位 名前 都道府県 所属 記録 コメント
1 クレイアーロン 竜波 神奈川 相洋高 1:46.59 PB
2 川元 奨 静 岡 スズキ浜松AC 1:46.78  
3 西久保 達也 埼 玉 早稲田大 1:48.32  
4 瀬戸口 大地 熊 本 山梨学院大 1:49.17  
5 市野 泰地 岐 阜 ROBLE 1:49.23  
6 花村 拓人 大 阪 関西学院大 1:49.76  
7 梅谷 健太 東 京 サンベルクス 1:50.56  
8 松本 純弥 神奈川 法政大 1:54.71  

クレイアーロン竜波が強いのはわかっていましたが川元選手に競り勝って優勝したことには驚きました。

見事な高校新記録での優勝です。

日本記録まであと1秒を切り日本記録更新も見えてきたと思います。

男子800m高校歴代TOP10

順位 記録 名前 所属 日付
1 1分46秒59 クレイ・アーロン・竜波 相洋高等学校 2019年6月28日
2 1分48秒08 前田恋弥 船橋市立船橋高等学校 2014年10月19日
3 1分48秒46 川元奨 長野県北佐久農業高等学校 2010年10月24日
4 1分48秒50 佐藤清治 佐久長聖高等学校 1999年5月30日
5 1分48秒62 三武潤 城西大学附属城西高等学校 2012年8月1日
6 1分48秒68 村上昂輝 須磨学園高等学校 2012年9月22日
7 1分49秒29 舘義和 北陸高等学校 1987年6月14日
8 1分49秒32 小野友誠 静岡県立浜松商業高等学校 1991年6月14日
9 1分49秒44 北村智宏 広島市立沼田高等学校 1994年6月12日
10 1分49秒56 南田航希 大阪府立大塚高等学校 2019年6月16日

クレイ・アーロン・竜波選手の高校生としては唯一の1分46秒台は別格ですね。

まだまだどこまで強くなるのか、底が見えません。

 

マラソンランナーのためのダイエットサプリ

 

-2019年大会
-, ,

Copyright© 東海大学駅伝ファン~湘南の暴れん坊 , 2019 All Rights Reserved.