東海大学駅伝ファン~湘南の暴れん坊

東海大学陸上部中長距離ブロックOBによる応援サイト

2018年第30回出雲駅伝

【2018年:第30回出雲駅伝】結果速報:区間別成績【区間賞獲得者】

更新日:

7da0141eb2054c9e47e3523ca5db8818 300x203 - 【2018年:第30回出雲駅伝】結果速報:区間別成績【区間賞獲得者】

Sponsored Link

第30回出雲駅伝区間別結果

区間5位までと東海大選手のタイムを抜粋

区間賞は下記の通りになりました。

青山学院大:3個

東洋大:2個

拓殖大:1個

 

 

1区(8.0km)

青学大:橋詰 大慧(4年=和歌山北) 23分15秒

②東洋大:相沢 晃(3年=学法石川)23分21秒

③城西大:荻久保寛也(3年=三郷工技術)23分28秒

④中央学院大:川村 悠登(3年=中央学院)23分31秒

⑤拓殖大:馬場 祐輔(4年=九産大九州)23分34秒

⑥東海大:西川雄一朗(3年=須磨学園)23分35秒

 

相沢君(東洋大)が区間賞と予測していましたが橋詰君(青山学院大)が区間賞。

 

2区(5.8km)

①青学大:鈴木 塁人(3年=流通経大柏)16分26秒

②東海大:館沢 亨次(3年=埼玉栄)16分29秒

③拓殖大:硴野 魁星(4年=八代工)16分47秒

④立命館大:高畑 祐樹 16分50秒

⑤帝京大:横井 裕仁(4年=津島)16分51秒

⑥東洋大:西山 和弥(2年=東農大二)16分54秒

 

この距離なら館沢君(東海大)が区間賞かと思っていましたが鈴木君(青山学院大)が3秒差で区間賞。

区間2位と3位で18秒差と上位2人が抜けていましたね。

 

 

3区(8.5km)

①拓殖大:ワークナー・デレセ(4年=メダニアレムイ)25分17秒

②青学大:森田 歩希(4年=竜ケ崎一)25分21秒

③東洋大:山本 修二(4年=遊学館)25分23秒

④早稲田大:中谷 雄飛(1年=佐久長聖)25分24秒

⑤法政大:大畑 和真(4年=島田)25分35秒

⑫東海大:中島 怜利(3年=倉敷)26分12秒

 

デレセ(拓殖大)の区間賞は予想とおりでした。

区間2位の森田君(青山学院大)、区間3位の山本君(東洋大)はさすがの走り。

早稲田大のスーパールーキー中谷君も区間4位とデビュー戦にしてはまずまずでしょう。

 

 

4区(6.2km)

①青山学院大:吉田 圭太(2年=世羅)18分00秒

②東海大:関  颯人(3年=佐久長聖)18分06秒

③日体大:廻谷 賢(3年=那須拓陽)18分08秒

④東洋大:小笹 椋(4年=埼玉栄)18分09秒

⑤拓殖大:戸部 凌佑(4年=前橋育英)18分12秒

 

関君(東海大)の区間賞間違いなしと思っていましたがまだ戻っていませんでしたね。

吉田君(青山学院大)が見事区間賞。

 

 

5区(6.4km)

①東洋大:今西 駿介(3年=小林)18分30秒

②青山学院大:生方 敦也(3年=佐野日大)18分48秒

③東海大:郡司 陽大(3年=那須拓陽)18分51秒

④法政大:坪井 慧 (3年=大垣日大)19分00秒

⑤日体大:岩室 天輝(2年=大牟田)19分04秒

 

ロードに強い今西君(東洋大)が区間賞。

区間2位は生方君(青山学院大)、区間3位は郡司君(東海大)とともに3大駅伝初出場の選手でした。

 

 

6区(10.2km)

①東洋大:吉川 洋次(2年=那須拓陽)29分53秒

②青山学院大:竹石 尚人(3年=鶴崎工)30分08秒

③IVYリーグ:マクドナルド 30分15秒

④東海大:湯沢 舜 (4年=東海大三)30分18秒

⑤立命館大:吉岡 遼人 30分19秒

 

区間賞は前半つっこんで前を追った吉川君(東洋大)が獲得。

武石君(青山学院大)はトップで襷をもらったチームの見本のような見事な走りでした。

 

まとめ

タイム以上に青山学院大の選手の力を感じました。

一言でいえば駅伝の走り方を熟知していると感じました。

 

駅伝の走り方というのはとても難しく、状況に合わせた走りが必要です。

1区ならできればトップ、遅れるにしても15秒以内とか・・・。

前を追うなら前を追う走り・・・。

差を縮められない走り・・・。

後続と差がある時の先頭の走り方(ゆっくり入って、後半上げる)・・・。

 

トラックはよーいどんで一斉に走るし1周400mとラップタイムもわかりやすいですが、

ロードでは距離もわかりづらいし、単独走になることもある。

 

今も若干感じますが、私が在籍していた当時の東海大は本当に単独走、ロード走が得意ではありませんでした。

私個人の見解としては

  1. 集団走の練習が多かったこと
  2. ロードランナーが少なくトラックランナーが多かったこと

が原因かなと思っています。

 

それにしても青山学院大の選手は本当に状況に合わせた走りが上手いなと感じました。

 

『興味がある方は是非、下記の公式サイトにて詳細をチェックしてみてくださいね』

マラソンランナーのためのダイエットサプリ

-2018年第30回出雲駅伝
-, ,

Copyright© 東海大学駅伝ファン~湘南の暴れん坊 , 2019 All Rights Reserved.