東海大学駅伝ファン~湘南の暴れん坊

東海大学陸上部中長距離ブロックOBによる応援サイト

2019年記録会

【東海大学結果速報】2019年第269回日本体育大学長距離競技会

更新日:

2Rm4xMTHCC6Iq4D1542718710 1542718840 - 【東海大学結果速報】2019年第269回日本体育大学長距離競技会

 

日本で最も参加者の多い日本体育大学長距離競技会が開催されました。

2019年度の第1回大会が開催されましたがシーズン初戦としては順調な好記録が多かったと感じます。

特に男子1500mでは鬼塚翔太選手が自己ベストを更新し今シーズンの飛躍を感じました。

また鬼塚翔太選手と激しいデットヒートを繰り広げたクレイ・アーロン 竜波(相洋高校3年)が3'44"86の高校歴代3位の好記録を樹立しました。

新入生である1年生は現在の状態、明暗がはっきり別れましたがそもそもこの時期に記録会に出場しているだけで良しといえるでしょう。

 

Sponsored Link

記録会概要

第269回日本体育大学長距離競技会

日本体育大学健志台陸上競技場

4月20日(土)・21日(日)

 

東海大学選手結果

種目  氏名  学年 記録  順位  
800m 花牟礼隆太 1年 1分55秒62 14組 3位  
           
1500m 竹元 祐人 1年 4分13秒28 15組 21位  
1500m 庭月野颯汰 1年 4分08秒12 16組 22位  
1500m 市村 朋樹 2年 3分50秒64 17組 5位  
1500m 鬼塚 翔太 4年 3分44秒46 18組 1位 PB
           
5000m 長壁 佳輝 1年 15分45秒98 7組 18位  
5000m 川上 竜也 1年 16分11秒15 8組 39位  
5000m 田邉 直輝 1年 15分32秒83 11組 21位  
5000m 松崎 咲人 1年 14分49秒05 13組 1位  
5000m 牛澤 昂大 2年 15分54秒60 13組 35位  
5000m 河西 俊輔 2年 14分56秒26 14組 11位  
5000m 羽田 智哉 4年 14分49秒98 15組 3位  
5000m 杉本 雄月 2年 14分56秒56 15組 11位  
5000m 松﨑 健悟 2年 15分21秒45 15組 27位  
5000m 米山 哲弘 1年 15分01秒20 16組 20位  
5000m 長田 駿佑 2年 14分51秒50 17組 19位  
5000m 竹村 拓真 1年 14分26秒18 19組 4位  
5000m 河野 遥伎 4年 14分45秒20 20組 23位  
5000m 田中 康靖 2年 14分46秒59 20組 25位  
5000m 宇留田竜希 1年 14分32秒54 21組 19位  
5000m 小松 陽平 4年 14分03秒68 22組 2位  
5000m 西川雄一朗 4年 14分12秒76 23組 15位  

 

記録会動画

1500m18組(最終組)

鬼塚翔太選手が3分44秒46の自己ベストで1位・クレイアーロン竜波選手(相洋高校・神奈川)が3分44秒86の高校歴代3位の好記録を樹立した好レースとなりました。

好記録樹立の立役者は1200mまでペースメイカーを務め完璧なペースメイクをした1年生の飯澤選手です。東海大学日本大学対抗戦・四大学対抗戦ともに1500mで優勝しており今シーズンの飛躍を期待せずにはいられません。

 

5000m23組(最終組)

6位まで外国人選手が独占しました。特筆すべきは2位と3位の選手が興国高校(大阪)の選手だということです。この時期に13分31秒・32秒で走れる選手がいることに驚きました。東海大学勢では西川雄一朗選手が14分12秒76で15位でした。

 

特筆すべき選手

1500m

市村朋樹選手(2年・埼玉栄):3分50秒64

昨年入学直後から好調でしたが夏以降失速したように感じます。今シーズンは3大駅伝出場を目指してほしいと期待しています。

 

鬼塚翔太選手(4年・大牟田):3分44秒46

ラスト勝負に弱い印象でしたが見事に勝ち切りました。期待値が高いのは承知していますがここ2年間の成績は鬼塚選手のポテンシャルから考えると少々物足りなく感じます。今シーズンは最終学年なんで期待しています。

 

5000m

竹村拓真選手(1年・秋田工業):14分26秒18

この時期に高校時代のベスト記録14分24秒26に肉薄する記録をマークと素晴らしいスタートを切ったと思います。

安定感のある選手なので秋以降の飛躍が楽しみです。

 

小松陽平選手(4年・東海大札幌):14分3秒68

箱根駅伝初優勝を決定づける走りをした小松陽平選手が今シーズンも順調なスタートを切ったと思います。

世界クロカン日本代表にも選ばれ今シーズンのさらなる飛躍を期待します。

 

マラソンランナーのためのダイエットサプリ

-2019年記録会
-, ,

Copyright© 東海大学駅伝ファン~湘南の暴れん坊 , 2019 All Rights Reserved.