東海大学駅伝ファン~湘南の暴れん坊

東海大学陸上部中長距離ブロックOBによる応援サイト

2019年大会

結果速報:2019年第103回日本陸上競技選手権大会:男子1500m

更新日:

Sponsored Link

結果速報:2019年第103回日本陸上競技選手権大会:男子1500m

2019 07 06 02h17 38 212x300 - 結果速報:2019年第103回日本陸上競技選手権大会:男子1500m

病気なので仕方ありませんが、山縣選手の欠場が痛すぎますね・・・

 

大会概要

第 103 回 日本陸上競技選手権大会要項
兼 ドーハ 2019 世界陸上競技選手権大会 日本代表選手選考競技会

1.主 催 日本陸上競技連盟
2.共 催 福岡県、福岡市
3.後 援 読売新聞社、福岡県教育委員会、福岡市教育委員会
4.主 管 福岡陸上競技協会
5.特別 協賛 山崎製パン株式会社
6.協 賛 アシックスジャパン株式会社、大塚製薬株式会社、日本航空株式会社、株式会社ニシ・スポーツ、青山商事株式会社、
デンカ株式会社、丸大食品株式会社、久光製薬株式会社、株式会社クリエイト、アース製薬株式会社
7.協 力 一般財団法人上月財団、西日本新聞社
8.期 日 2019年6月27日(木)~6月30日(日)
9.場 所 福岡市博多の森陸上競技場

 

男子1500m

男子1500m予選 2組5着+2

  • 世界記録(WR)・3:26.00・H. El GUERROUJ(MAR・モロッコ)・1998
  • アジア記録(AR)・3:29.14・R. RAMZI(BRN・バーレーン)・2006
  • 日本記録(NR)・3:37.42・小林史和(三重・NTN)・2004
  • U20日本記録(JR)・ 3:38.49・佐藤清治(長野・佐久長聖高) ・1999
  • 大会記録(CR)・3:38.88・奥山光広(東京・ヤクルト)・1991

予選1組

順位 名前 都道府県 所属 記録 コメント
1 荒井 七海 埼 玉 Honda 3:42.35 PB
Q
2 飯澤 千翔 山 梨 東海大 3:42.97 Q
3 戸田 雅稀 東 京 サンベルクス 3:43.36 Q
4 館澤 亨次 神奈川 東海大 3:43.68 Q
5 河村 一輝 岐 阜 明治大 3:44.11 Q
6 秦 将吾 徳 島 大塚製薬 3:44.35 q
7 木村 理来 栃 木 東海大 3:48.20  
8 鬼塚 翔太 福 岡 東海大 3:48.68  
9 茂木 亮太 兵 庫 住友電工 3:50.99  
10 國行 麗生 徳 島 大塚製薬 3:51.94  
11 田母神 一喜 福 島 中央大 3:56.93  
  • 400m通過:61秒:秦将吾(大塚製薬)
  • 800m通過:2分2秒(61秒):鬼塚翔太(東海大学)
  • 1200m通過:3分0秒(57秒):戸田雅稀(サンベルクス)

レース詳細

秦将吾(大塚製薬)・鬼塚翔太(東海大学)を先頭に400mを61秒で通過。

400m通過後、鬼塚翔太(東海大学)が先頭に立ち、秦将吾(大塚製薬)・木村理来(東海大学)が続く。

800m通過は鬼塚翔太(東海大学)・戸田雅稀(サンベルクス)・荒井七海(Honda)の順で通過。

800m通過後、戸田雅稀(サンベルクス)が先頭に立ち・荒井七海(Honda)が続く。

1200m通過は戸田雅稀(サンベルクス)・荒井七海(Honda)・飯澤千翔(東海大学)と続く。

その後3人がペースアップし1250m付近では後続に3秒差をつけ河村一輝(明治大学)・秦将吾(大塚製薬)・館澤亨次(東海大学)と続く。

1400m通過は荒井七海(Honda)・飯澤千翔(東海大学)、2秒遅れて戸田雅稀(サンベルクス)、1秒遅れて館澤亨次(東海大学)・河村一輝(明治大学)・秦将吾(大塚製薬)。

そのままゴール。

1着の荒井七海(Honda)・2着の飯澤千翔(東海大学)・3着の戸田雅稀(サンベルクス)・4着の館澤亨次(東海大学)・5着の河村一輝(明治大学)が決勝進出。

6着の秦将吾(大塚製薬)もタイム順の+2に入り決勝進出

 

予選2組

順位 名前 都道府県 所属 記録 コメント
1 清水 鐘平 山 形 NDソフト 3:42.57 PB
Q
2 的野 遼大 長 崎 MHPS 3:43.18 Q
3 舟津 彰馬 福 岡 中央大 3:43.56 Q
4 松枝 博輝 千 葉 富士通 3:43.84 Q
5 森田 佳祐 茨 城 小森コーポ 3:44.39 Q
6 楠 康成 茨 城 阿見AC 3:45.13 q
7 才記 壮人 富 山 YKK 3:45.68  
8 飯島 陸斗 茨 城 早稲田大 3:50.28  
9 加藤 光 宮 城 TOHOKU AC 3:51.86  
10 大竹 康平 岡 山 広島経済大 3:55.92  
  廣瀬 大貴 大 阪 大阪ガス   DNS
  • 400m通過:59秒:松枝博輝(富士通)
  • 800m通過:2分1秒(60秒:楠康成(阿見AC)
  • 1200m通過:3分0秒(60秒):舟津彰馬(中央大学)

レース詳細

楠康成(阿見AC)・森田佳祐(小森コーポレーション)を先頭に400mを59秒で通過。

400m通過後、楠康成(阿見AC)・森田佳祐(小森コーポレーション)・清水鐘平(NDソフト)・才記壮人(YKK)が続く。

800m通過は楠康成(阿見AC)・森田佳祐(小森コーポレーション)・清水鐘平(NDソフト)・才記壮人の順で通過。

1000m通過は、楠康成(阿見AC)・清水鐘平(NDソフト)・森田佳祐(小森コーポレーション)・舟津彰馬(中央大学)・松枝博輝(富士通)が続く。

1200m通過は舟津彰馬(中央大学)を先頭に楠康成(阿見AC)・松枝博輝(富士通)・森田佳祐(小森コーポレーション)・清水鐘平(NDソフト)と続く。

1400mは舟津彰馬(中央大学)・清水鐘平(NDソフト)・的野遼大(MHPS)・松枝博輝(富士通)・森田佳祐(小森コーポレーション)・楠康成(阿見AC)の順で通過。

清水鐘平(NDソフト)・的野遼大(MHPS)が舟津彰馬(中央大学)をかわしてゴール

1着の清水鐘平(NDソフト)・2着の的野遼大(MHPS)・3着の舟津彰馬(中央大学)・4着の松枝博輝(富士通)・5着の森田佳祐(小森コーポレーション)が決勝進出。

6着の楠康成(阿見AC)もタイム順の+2に入り決勝進出

決勝

2019 07 11 01h09 47 300x231 - 結果速報:2019年第103回日本陸上競技選手権大会:男子1500m

順位 名前 都道府県 所属 記録 コメント
1 戸田 雅稀 東 京 サンベルクス 3:39.44 PB
2 松枝 博輝 千 葉 富士通 3:40.93 PB
3 荒井 七海 埼 玉 Honda 3:41.57 PB
4 的野 遼大 長 崎 MHPS 3:42.76 PB
5 清水 鐘平 山 形 NDソフト 3:42.91 PB
6 秦 将吾 徳 島 大塚製薬 3:43.25  
7 河村 一輝 岐 阜 明治大 3:43.80  
8 森田 佳祐 茨 城 小森コーポ 3:43.87  
9 館澤 亨次 神奈川 東海大 3:44.39  
10 楠 康成 茨 城 阿見AC 3:45.31  
11 舟津 彰馬 福 岡 中央大 3:49.13  
12 飯澤 千翔 山 梨 東海大 3:54.02  
  • 400m通過:59秒:松枝博輝(富士通)
  • 800m通過:2分0秒(61秒):戸田雅稀(サンベルクス)
  • 1200m通過:2分57秒(57秒):戸田雅稀(サンベルクス)

レース詳細

松枝博輝(富士通)を先頭に400mを59秒で通過。

700m通過後、戸田雅稀(サンベルクス)が先頭に立つ。

800m通過は戸田雅稀(サンベルクス)・松枝博輝(富士通)・清水鐘平(NDソフト)・荒井七海(Honda)の順で通過。

900m通過時は戸田雅稀(サンベルクス)・松枝博輝(富士通)・清水鐘平(NDソフト)・荒井七海(Honda)の先頭集団が後続に33秒差をつける。

戸田雅稀(サンベルクス)・荒井七海(Honda)・松枝博輝(富士通)・清水鐘平(NDソフト)の順で1100m通過ラスト1周。

1200mは戸田雅稀(サンベルクス)・荒井七海(Honda)・松枝博輝(富士通)・清水鐘平(NDソフト)の順で通過。

1300mは戸田雅稀(サンベルクス)が独走で通過。清水鐘平(NDソフト)・荒井七海(Honda)・松枝博輝(富士通)の順で通過。

そのまま戸田雅稀(サンベルクス)が2着に1.5秒差をつけてゴール。2着には松枝博輝(富士通)・3着には荒井七海(Honda)が入った。

1-5位の上位5名がPB(自己ベスト)という素晴らしいレースでした。

記録会ではない大会、しかも日本選手権という個人の大会としては最高の大会でこのような高速レースになることはとても珍しいことです。

先日の1500m日本記録挑戦会で日本歴代3位の好記録を樹立した松枝選手(富士通)が600mまで先頭で引っ張ってくれた事・優勝した戸田選手(サンベルクス)が600m以降ロングスパート気味で先頭を走った事が大きかったですね。

戸田選手(サンベルクス)は日清食品グループ陸上部の縮小を乗り越えて見事に第100回以来2回目の優勝を飾りました。

 

マラソンランナーのためのダイエットサプリ

 

-2019年大会
-, ,

Copyright© 東海大学駅伝ファン~湘南の暴れん坊 , 2019 All Rights Reserved.