東海大学駅伝ファン~湘南の暴れん坊

東海大学陸上部中長距離ブロックOBによる応援サイト

2019年ニューイヤー駅伝

結果速報【2019年第63回ニューイヤー駅伝】区間賞:TBS:駅伝日本一

更新日:

3b122bd8efca4f4dac8a31bbd2e9eb89 217x300 - 結果速報【2019年第63回ニューイヤー駅伝】区間賞:TBS:駅伝日本一

出典:毎日新聞

Sponsored Link

2019年ニューイヤー駅伝結果

No チーム名 記録
1 1 旭化成 04:51:27
2 7 MHPS 04:51:31
3 3 トヨタ自動車 04:52:34
4 5 富士通 04:53:17
5 6 コニカミノルタ 04:53:37
6 4 トヨタ自動車九州 04:54:16
7 27 マツダ 04:54:20
8 17 カネボウ 04:55:02
9 13 中国電力 04:55:02
10 21 SUBARU 04:55:07
11 8 安川電機 04:55:22
12 35 小森コーポレーション 04:55:37
13 32 中電工 04:55:40
14 10 住友電工 04:55:47
15 11 九電工 04:56:15
16 14 日清食品グループ 04:56:23
17 30 トーエネック 04:56:41
18 20 日立物流 04:57:32
19 12 愛知製鋼 04:57:51
20 29 大塚製薬 04:57:53
21 24 トヨタ紡織 04:58:17
22 23 黒崎播磨 04:58:47
23 26 ヤクルト 04:58:52
24 2 Honda 04:59:23
25 16 NTT西日本 04:59:24
26 18 八千代工業 04:59:26
27 25 YKK 04:59:28
28 22 プレス工業 04:59:36
29 15 NTN 05:01:46
30 9 愛三工業 05:02:13
31 19 西鉄 05:02:22
32 36 JR東日本 05:02:54
33 31 SGホールディングスグループ 05:03:35
34 28 中央発條 05:05:59
35 34 セキノ興産 05:08:26
36 33 ひらまつ病院 05:17:13
37 37 戸上電機製作所 05:18:23

旭化成がアンカー決戦を制して3連覇を達成しました。しばらく旭化成時代が続くのではと思います。

2位には井上選手の活躍もありMHPSが入りました。伸び盛りの若い選手が多いので来年以降楽しみです。

2019年ニューイヤー駅伝区間結果

1区TOP5

順位 選手名 チーム名 記録 トップ差
1 中村 信一郎 九電工 00:35:57  
2 髙久 龍 ヤクルト 00:35:58 00:00:01
3 山口 浩勢 愛三工業 00:36:00 00:00:03
4 金森 寛人 小森コーポレーション 00:36:00 00:00:03
5 田村 友佑 黒崎播磨 00:36:00 00:00:03

トップから10秒以内に14チームという大混戦を中村選手(九電工・早稲田大学OB)が鋭いラストスパートで制しました。

2区TOP5

順位 選手名 チーム名 記録 トップ差
1 R.ケモイ 愛三工業 00:22:12  
2 E.ケイタニー トヨタ紡織 00:22:13 00:00:01
3 B.キメリ 富士通 00:22:20 00:00:08
4 A.クルガト 中電工 00:22:33 00:00:21
5 L.ウェズレイ SUBARU 00:22:34 00:00:22

ケモイ選手(愛三工業)がケイタニー選手(トヨタ紡績)との激戦を1秒差で制して区間賞を獲得。

3区TOP5

順位 選手名 チーム名 記録 トップ差
1 鎧坂 哲哉 旭化成 00:38:04  
2 牧 良輔 SUBARU 00:38:06 00:00:02
2 延藤 潤 マツダ 00:38:06 00:00:02
4 田村 和希 住友電工 00:38:21 00:00:17
5 藤川 拓也 中国電力 00:38:29 00:00:25

鎧坂選手(旭化成・明治大学OB)が区間賞を獲得しました。2秒差で牧選手(SUBARU・新潟医療福祉大学OB)、延藤選手(マツダ・東洋大学OB)が続きました。

4区TOP5

順位 選手名 チーム名 記録 トップ差
1 井上 大仁 MHPS 01:04:37  
2 岡本 直己 中国電力 01:05:13 00:00:36
3 山本 憲二 マツダ 01:05:30 00:00:53
3 今井 正人 トヨタ自動車九州 01:05:30 00:00:53
5 二岡 康平 中電工 01:05:34 00:00:57

井上選手(MHPS・山梨学院大学OB)が2位に36秒差をつける好タイムで区間賞を獲得しました。区間2位は岡本選手(中国電力・明治大学OB)、区間3位は山本選手(マツダ・東洋大学OB)と初代山の神、今井選手(トヨタ自動車九州・順天堂大学OB)が同タイムでした。

5区TOP5

順位 選手名 チーム名 記録 トップ差
1 服部 勇馬 トヨタ自動車 00:45:47  
2 村山 謙太 旭化成 00:46:13 00:00:26
3 定方 俊樹 MHPS 00:46:22 00:00:35
4 橋本 澪 マツダ 00:46:23 00:00:36
5 星 創太 富士通 00:46:29 00:00:42

服部勇馬選手(トヨタ自動車・東洋大学OB)が区間2位に36秒差をつけ区間賞獲得。区間2位には村山謙太選手(旭化成・駒澤大学OB)、区間3位には定方選手(MHPS・東洋大学OB)が入りました。

6区TOP5

順位 選手名 チーム名 記録 トップ差
1 市田 宏 旭化成 00:36:14  
2 横手 健 富士通 00:36:21 00:00:07
3 服部 翔大 Honda 00:36:30 00:00:16
4 橋本 隆光 小森コーポレーション 00:36:31 00:00:17
5 窪田 忍 トヨタ自動車 00:36:37 00:00:23

区間賞は市田宏選手(旭化成・大東文化大学OB)が獲得しました。区間2位には横手選手(富士通・明治大学OB)、区間3位には服部翔大選手(Honda・日本体育大学OB)が入りました。

7区TOP5

順位 選手名 チーム名 記録 トップ差
1 古賀 淳紫 安川電機 00:45:36  
2 大六野 秀畝 旭化成 00:45:48 00:00:12
3 岩田 勇治 MHPS 00:45:50 00:00:14
4 三浦 洋希 日清食品グループ 00:46:25 00:00:49
5 髙井 和治 九電工 00:46:27 00:00:51

古賀選手(安川電機・鳥栖工業OB)が区間賞を獲得。区間2位にはアンカー勝負を制し3連覇を決めた大六野選手(旭化成・明治大学OB)、区間3位には惜しくもアンカー決戦で敗れた岩田選手(MHPS・福岡工業OB)が入りました。

まとめ

  • 旭化成がアンカー大六野選手が決戦を制して3連覇を達成。
  • 1区区間賞:中村 信一郎選手(九電工)
  • 2区区間賞:R.ケモイ選手(愛三工業)
  • 3区区間賞:鎧坂 哲哉選手(旭化成)
  • 4区区間賞:井上 大仁(MHPS)
  • 5区区間賞:服部 勇馬選手(トヨタ自動車)
  • 6区区間賞:市田 宏選手(旭化成)
  • 7区区間賞:古賀 淳紫選手(安川電機)

『興味がある方は是非、下記の公式サイトにて詳細をチェックしてみてくださいね』

マラソンランナーのためのダイエットサプリ

-2019年ニューイヤー駅伝
-, ,

Copyright© 東海大学駅伝ファン~湘南の暴れん坊 , 2019 All Rights Reserved.