東海大学駅伝ファン~湘南の暴れん坊

東海大学陸上部中長距離ブロックOBによる応援サイト

駅伝コラム

【2019年第95回箱根得駅伝】4区区間記録:相澤晃VS藤田敦史

更新日:

2019年第95回大会の4区で素晴らしい区間新記録が生まれました。

現行の4区は2017年第93回大会から現行のコース、距離になったため今大会でまだ3年目と若い区間記録といえます。

ちなみにコース変更、距離変更された2017年第93回大会の区間賞=区間記録は栃木渡選手(順天堂大学)の1:03:36でした。

残念ながら現行コースTOP10からは漏れています。

 

Sponsored Link

4区のコース・距離変遷

  • 55回大会~59回大会:21.0km
  • 60回大会~80回大会:20.9km
  • 81回大会:21km(コース変更なし距離表示変更)
  • 82回大会~92回大会:18.5km
  • 93回大会~:20.9km(81回大会の時と中継所変更)

 

  • 60回~81回大会の小田原中継所は風祭駅(鈴廣前)
  • 82回大会から21km→18.5kmに変更になった理由は『5区の距離を長くして世界に通用するマラソン選手を育成するため』でした。
  • 93回~中継所は風祭駅(鈴廣かまぼこの里)

現行区間歴代TOP10

99d2ebf16a7de85e0b70c2c425b50f74 - 【2019年第95回箱根得駅伝】4区区間記録:相澤晃VS藤田敦史

現行区間:20.9km(93回大会~)TOP10
順位 タイム 氏名 所属 学年 年次・順位
1 1:00:54 相澤晃 東洋大学 3年 95回(2019年)・区間賞
2 1:02:21 大塚倭 神奈川大学 4年 94回(2018年)・区間賞
3 1:02:22 吉川洋次 東洋大学 1年 94回(2018年)・区間2位
4 1:02:36 土方英和 國學院大学 2年 94回(2018年)・区間3位
5 1:02:37 館澤亨次 東海大学 3年 95回(2019年)・区間2位
6 1:03:02 金子元気 城西大学 3年 94回(2018年)・区間4位
7 1:03:05 横井裕仁 帝京大学 4年 95回(2019年)・区間3位
8 1:03:05 清水歓太 早稲田大学 4年 95回(2019年)・区間3位
9 1:03:06 高本真樹 駒澤大学 4年 94回(2018年)・区間5位
10 1:03:14 奈良凌介 大東文化大学 3年 95回(2019年)・区間5位

まだ3年目、3大会目とはいえ区間2位の大塚選手(神奈川大学)の記録に1分27秒差をつける圧倒的な区間記録です。

イメージとしては5km14:30ペースで10km29:00、20km58:00+900mで2:40トータル60:40。

しかしこの4区はアップダウンが多く走りづらいコースであり、12~13時に走ることから高温になることもある難コースであるため1:00分台は驚異的な記録であり10年間は破られることのない大記録だと思います。

旧区間歴代TOP10

0ec9739a8ebefec04b4a73548ad06b5f - 【2019年第95回箱根得駅伝】4区区間記録:相澤晃VS藤田敦史

 旧区間:21.0km(第60回-第81回大会)TOP10
順位 タイム 氏名 所属 学年 年次・順位
1 1:00:56 藤田敦史 駒澤大学 4年 75回(1999年)・区間賞
2 1:01:32 デビッド・カリウキ 山梨学院大学 4年 79回(2003年)・区間賞
3 1:01:35 小林雅幸 早稲田大学 3年 71回(1995年)・区間賞
4 1:02:00 井幡政等 山梨学院大学 4年 71回(1995年)・区間2位
5 1:02:04 藤井周一 日本大学 3年 79回(2003年)・区間2位
6 1:02:05 田中宏樹 駒澤大学 4年 81回(2005年)・区間賞
7 1:02:07 花田勝彦 早稲田大学 3年 69回(1993年)・区間賞
8 1:02:14 野口英盛 順天堂大学 2年 76回(2000年)・区間賞
9 1:02:15 榎木和貴 中央大学 3年 72回(1996年)・区間賞
10 1:02:24 松下龍治 駒澤大学 3年 78回(2002年)・区間賞

もともと20.9kmであったがコース再測定をおこなった結果21kmとなった。

距離表示は変わったがコース自体は60回大会~81回大会まで21年間変更はないコースです。

区間記録は藤田敦史選手(駒澤大学)が75回大会で出した1:00:56、唯一の1:00分台です。

区間2位がデビット・カリウキ選手(山梨学院大学)の1:01:32、区間3位が小林雅幸選手(早稲田大学)の1:01:35と1:01分台もわずか2名しかいません。

いかに藤田敦史選手の1:00分台が凄いかということです。

 

私自身の現役時代が71~74回大会なので上記の顔ぶれは懐かしい気持ちでいっぱいです。

当時の4区は2区→1区or4区でチーム内の2番手、3番手の選手が多く走った区間というイメージが強いです。

藤田敦史選手VS相澤晃選手

地点 藤田敦史選手 相澤晃選手
二宮 25:54 25;31
本町 51:06 50:53
風祭 60:56 60:54

ラップを見ると相澤選手は前半早く入り後半少し失速したが、藤田選手は後半も落ちなかったということでしょう。

気象条件やレース展開が違うので比較すること自体がナンセンスだと思いますが、相澤選手が藤田選手の樹立した前人未到の1:00分台の大記録を2秒更新したということで良いと思います。

今後の4区の区間賞は1:01:30~1:02:30くらいだと思います。

 

藤田選手と相沢選手の共通点としては前年に2区で好走しているという事です。

2区でも区間賞を獲得できる実力を持った選手がチーム戦略で4区にまわりなおかつコンディションにも恵まれた。

様々な条件がそろうことはそうそうないでしょうし10年間は破られることのない大記録でしょう。

-駅伝コラム
-, ,

Copyright© 東海大学駅伝ファン~湘南の暴れん坊 , 2019 All Rights Reserved.