東海大学駅伝ファン~湘南の暴れん坊

東海大学陸上部中長距離ブロックOBによる応援サイト

2019年95回箱根駅伝予選会

駒澤大学【2019年第95回箱根駅伝予選会】結果速報:第1位通過

更新日:

2019年:第95回箱根駅伝予選会の上位11校が本選に出場できます。

大学別に予選会を振り返ります。

 

 

Sponsored Link

第1位:10:29:58 駒澤大学

o0170018814283112191 - 駒澤大学【2019年第95回箱根駅伝予選会】結果速報:第1位通過

 

*総合順位300位以内の選手のみ抜粋

総合順位 タイム 名前 学年 登録陸協
5位 1:01:50 片西 景 4年 東 京
11位 1:02:38 伊勢 翔吾 4年 千 葉
13位 1:02:46 山下 一貴 3年 長 崎 
17位 1:03:10 中村 大聖 3年 埼 玉 
19位 1:03:12 加藤 淳 2年 兵 庫
21位 1:03:13 伊東 颯汰 2年 大 分
22位 1:03:15 中村 大成 3年 宮 城 
23位 1:03:15 下 史典 4年 三 重 
26位 1:03:17 堀合 大輔 4年 青 森
29位 1:03:22 神戸 駿介 2年 東 京
33位 1:03:30 白頭 徹也 4年 愛知
66位 1:03:57 小原 拓未 2年 岩手

 

チーム12位の小原選手までがハーフ63分台と超ハイレベルでとにかく驚くほど強いです。

近年チームとして下降傾向にありましたが今回は良い成績でした。

 

長らく大八木監督体制でやってきましたが藤田コーチが加入し、バトンタッチをという方向のようです。

藤田コーチが富士通コーチとして成果を上げられなかったことから手腕を疑問視する声もありますが、そんなに簡単に成果を出せる訳がありません、時間はかかるのではないでしょうか。

 

箱根駅伝予選会でのタイム詳細

順位 名前 タイム ラップ
5 片西 景 (4) 14:33 28:54 43:38 58:43 1:01:50   (14:21) (14:44) (15:05)
11 伊勢 翔吾 (4)  14:36 29:05 44:17 59:25 1:02:38    (14:29) (15:12) (15:08)
13 山下 一貴 (3)  14:36 29:35 44:49 59:34 1:02:46    (14:59) (15:14) (14:45) 
17 中村 大聖 (3) 14:57 30:01 45:12 1:00:07 1:03:10    (15:04) (15:11) (14:55)
19 加藤 淳 (2) 14:36 29:35 44:49 59:59 1:03:12    (14:59) (15:14) (15:10) 
21 伊東 颯汰 (2)  14:56 30:00 45:11 1:00:03 1:03:13    (15:04) (15:11) (14:52) 
22 中村 大成 (3) 14:57 30:00 45:11 1:00:04 1:03:15    (15:03) (15:11) (14:53) 
23 下 史典 (4)  14:56 30:00 45:13 1:00:07 1:03:15    (15:04) (15:13) (14:54) 
26 堀合 大輔 (4)  14:56 30:00 45:13 1:00:08 1:03:17   (15:04) (15:13) (14:55) 
29 神戸 駿介 (2)  14:57 30:00 45:13 1:00:08 1:03:22    (15:03) (15:13) (14:55) 
33 白頭 徹也 (4)  14:57 30:00 45:12 1:00:12 1:03:30    (15:03) (15:12) (15:00) 
60 小原 拓未 (2)  14:57 30:00 45:13 1:00:39 1:03:57   (15:03) (15:13) (15:26)

 

予選会での戦略

この時期に全員が好タイムを出すということはチームとして今回の予選会に向けてピークを合わせたということです。

4つのグループに分けて走ったようです。

  • 片西君、伊勢君の4年生コンビのみフリー走行
  • 最初の5km14:30-次の5km15:00
  • 最初の5km15:00-次の5km15:00
  • 最初の5km15:00-次の5km15:15

 

不安点としては

  • 2ヶ月半後の箱根にもう1度ピークを合わせられるのか?
  • 10月中旬のこの時期にある程度のピークを合わせるために夏合宿の期間を短くした、または強度を落としたのでは?

 

疑問点としてはなぜこんなにピークを合わせてきたのか?ということです。

また駒澤大学の戦力で予選会突破は確実だったはずです。

本番で良い順位を狙うなら今回ここまでピークを合わせなくても良かったのではないでしょうか?

 

今回ピークをかなり合わせた要因として考えられることは2つだと思います。

  • 実績のある選手が少ないため良い成績をとることで自信をつけたかった
  • 1年間を通して箱根駅伝1本に合わせた練習をし地力があるため仮想箱根として臨んだ

 

箱根駅伝本選の目標

どちらにしてもチームとして層も厚くハイレベルなことは間違いありません。

11月、12月と夏合宿の疲労が抜ければさらに好タイムが出たり、新戦力の台頭もあるでしょう。

ピークを合わせられれば箱根駅伝本選でも3位を狙えると思います。

つまり3強といわれる青山学院大学・東洋大学・東海大学に続く存在であり、状況によっては東洋大学or東海大学よりも上になれる可能性があります。

駒澤大学には強くあってほしいですね。

 

『興味がある方は是非、下記の公式サイトにて詳細をチェックしてみてくださいね』

マラソンランナーのためのダイエットサプリ

-2019年95回箱根駅伝予選会
-, ,

Copyright© 東海大学駅伝ファン~湘南の暴れん坊 , 2019 All Rights Reserved.