東海大学駅伝ファン~湘南の暴れん坊

東海大学陸上部中長距離ブロックOBによる応援サイト

2019年第24回全国男子駅伝

【歴代2区記録】全国男子都道府県駅伝【区間賞獲得者:進学先高校&大学は?】

更新日:

a47a92fd3faa45e2b09194ba01212a1a 300x143 - 【歴代2区記録】全国男子都道府県駅伝【区間賞獲得者:進学先高校&大学は?】

 

いよいよ2019年天皇杯第24回全国男子駅伝が開催されます。

より楽しく観戦するために第1回~23回までの歴代区間記録をまとめました。

1年間で最後のメジャー駅伝ということもありそうそうたる選手が走り、区間賞を獲得しています。

 

区間賞を獲得した選手の進学した高校・大学についてまとめています。

Sponsored Link

2区区間記録

ずっと3.0kmの区間ですが1区の距離が1~5回:5.0km・6回大会以降は7.0kmとなったため、2区のコースが1~5回までと6回~で違います。

年度 名前 タイム  進学高校 進学大学
1 1996年 濱砂康輔(宮崎) 8:49 宮崎県妻高 順天堂大学
2 1997年 前田和浩(佐賀) 8:39(新) 白石高校 九電工
3 1998年 古賀孝志(福岡) 8:45 九国大付 東海大学
4 1999年 森本直人(奈良) 8:34(新) 報徳学園 山梨学院大学
コース変更
 
5 2000年 藤森憲秀(長野) 8:37 佐久長聖 早稲田大学
6 2001年 本多浩隆(山口) 8:33(新) 下松高校 早稲田大学
7 2002年 横木克宜(福島) 8:32(新) 会津高校 東洋大学
8 2003年 藤山修一(佐賀) 8:39 白石高校 駒澤大学
9 2004年

和田健秀(福島)

河野晴友(栃木)

8:35

原町高校

佐野日大

日本大学

東海大学

10 2005年 三田裕介(愛知) 8:37 豊川工業 早稲田大学
11 2006年 上野渉(福岡) 8:40 仙台育英 駒澤大学
12 2007年 志方文典(兵庫) 8:34 西脇工高 早稲田大学
13 2008年 林慎吾(長崎) 8:44 諫早高校 日本大学
14 2009年 勝亦祐太(静岡) 8:30(新) 西脇工高 日本体育大学
15 2010年 前田晃旗(福岡) 8:39 大牟田高校 九電工
16 2011年 高森建吾(千葉) 8:31 佐久長聖 東洋大学
17 2012年 山口竜矢(広島) 8:37 世羅高校 明治大学
18 2013年 新迫志希(広島) 8:29(新) 世羅高校 早稲田大学
19 2014年 西山和弥(群馬) 8:30 東農大二 東洋大学
20 2015年 橋本龍(埼玉) 8:39 東農大三 東洋大学
21 2016年 大澤佑介(群馬) 8:38 樹徳高校 青山学院大学
22 2017年 林田洋翔(長崎) 8:20(新) 瓊浦高校  
23 2018年 石田洸介(福岡) 8:14(新) 東農大二  

2区歴代区間TOP10(3.0km)

80be7edf23c5e4104f3dff6e13af6c2b - 【歴代2区記録】全国男子都道府県駅伝【区間賞獲得者:進学先高校&大学は?】

石田洸介選手(浅川中→東農大二高)

順位 大会 名前 所属 記録
1 第23回 石田洸介 福岡 8分14秒
2 第22回 林田洋翔 長崎 8分20秒
3 第23回 若林宏樹 和歌山 8分28秒
4 第18回 新迫志希 広島 8分29秒
5 第14回 勝亦祐太 静岡 8分30秒
5 第19回 西山和弥 群馬 8分30秒
7 第16回 高森建吾 千葉 8分31秒
7 第22回 服部凱杏 愛知 8分31秒
7 第23回 鶴川正也 熊本 8分31秒
7 第23回 五十嵐喬信 茨城 8分31秒

第22回大会(2017年)で長崎県の林田洋翔選手(現瓊浦高校)が今までの区間記録を8秒も更新する8分20秒という区間新記録を樹立した際には10年間は破られない大記録だと思いましたが、第23回大会で福岡県の石田洸介選手(現東農大二高)がなんと区間記録を6秒更新する8分14秒という大記録を樹立しました。最低でも10年間は破られることはないでしょう。

2区区間賞選手進学先(高校)

順位 高校名 人数
1 白石高校 2
1 佐久長聖 2
1 西脇工高 2
1 世羅高校 2
1 東農大二 2
6 宮崎県妻高 1
6 九国大付 1
6 報徳学園 1
6 下松高校 1
6 会津高校 1
6 原町高校 1
6 佐野日大 1
6 豊川工業 1
6 仙台育英 1
6 諫早高校 1
6 大牟田高校 1
6 東農大三 1
6 樹徳高校 1
6 瓊浦高校 1

白石高校(佐賀県)、佐久長聖高校(長野県)、西脇工高(兵庫県)、世羅高校(広島県)、東農大二高(群馬県)に2名が進学しています。全体的に2区で区間賞を獲得する優勝な選手なので当然ですが強豪校に進学しているケースが多いです。

2区区間賞選手進学先(大学)

順位 大学名 人数
1 早稲田大学 5
2 東洋大学 4
3 東海大学 2
3 駒澤大学 2
3 日本大学 2
6 順天堂大学 1
6 山梨学院大学 1
6 日本体育大学 1
6 明治大学 1
6 青山学院大学 1
  実業団(九電工) 2

早稲田大学が5名と最多でした。高校に進学し国体少年B(中3・高1)入賞し早稲田大学推薦入学の資格を獲得というケースが多いように感じます。

2位は東洋大学で4名です。2019年箱根駅伝は3位でしたが11年連続3位以内と常に強豪であるということもあり、ここ近年大人気で2011年~2016年の区間賞獲得者6名のうち3名が東洋大学に進学しています。噂の範疇ですが来年高校を卒業する林田洋翔選手(瓊浦高校)は2019年ニューイヤー駅伝2位のMHPSへの就職が予想されていますがもし大学進学なら東洋大学ではないかと思います。また昨年区間賞を獲得した石田洸介選手(東農大二高)も所属する東農大二高のエース格選手の進学先は早稲田大学、東洋大学が多いですね。

3位は東海大学と駒澤大学の2名と箱根駅伝強豪校が続きます。

2区区間賞まとめ

8分10秒台は石田洸介選手(福岡県・現東農大二高)のみです。

8分20秒台も林田洋翔選手(長崎県・現瓊浦高校)、若林宏樹選手(和歌山県・現洛南高校)、新迫志希選手(広島県・世羅高校→現早稲田大学)の3名です。

 

いかに石田洸介選手(福岡県・現東農大二高)が昨年樹立した8分14秒が凄いかということで、全国高校駅伝2区の歴代区間10傑を用意しました。

同じ3.0kmですが全国高校駅伝2区は下りのコースであるのに対して天皇杯第全国男子駅伝2区は平坦なフラットコースであることから(気象条件、レース展開など一概に言えないのは十分承知ですが)全国高校駅伝2区の方が5~10秒はタイムが出やすいのではないかと思います。

 

よって石田洸介選手:8分14秒は全国高校駅伝2区8分4~09秒に相当。

上記のタイムは区間歴代3位~5位に相当する大記録です。いかにこの記録が凄いかがお分かりいただけたのではないかと思います。

 

全国高校駅伝2区の歴代区間10傑

タイム 氏名 都道府県・所属 学年 年次・順位
1 7分55秒 佐藤清治 長野・佐久長聖 2年 1998年・区間賞
2 7分59秒 前田恋弥 千葉・市立船橋 3年 2014年・区間賞
3 8分06秒 松崎咲人 長野・佐久長聖 1年 2016年・区間賞
3 8分06秒 服部凱杏 長野・佐久長聖 1年 2017年・区間賞
5 8分08秒 松岡政文 兵庫・報徳学園 2年 1988年・区間賞
5 8分08秒 河野誉 宮崎・小林 3年 2013年・区間賞
7 8分10秒 山口勢一郎 佐賀・白石 2年 1997年・区間賞
7 8分10秒 小林雄斗 山梨・山梨学院大付 1年 2013年・区間2位
7 8分10秒 廣瀬泰輔 三重・伊賀白鳳 3年 2013年・区間2位
10 8分11秒 有馬圭祐 福岡・大牟田 2年 2013年・区間4位

今大会からも未来のスターが現れることを期待しています。

私自身今大会の楽しみたいポイントは多数ありますが中学生区間で未来のスター候補を発掘し、高校、大学(実業団)と応援し続けることが一番の楽しみです。そしてその選手が東海大学に進学してくれたらこれ以上嬉しいことはありません(笑)

 

『興味がある方は是非、下記の公式サイトにて詳細をチェックしてみてくださいね』

マラソンランナーのためのダイエットサプリ

-2019年第24回全国男子駅伝
-, ,

Copyright© 東海大学駅伝ファン~湘南の暴れん坊 , 2019 All Rights Reserved.